ここ数年、日本のレーシック手術が減少しているワケ

レーシックでとても気になることといえばなんといっても“安全性”ではないでしょうか。目はかけがえのないもので簡単に交換ができるものではありません。外見的な問題もありますし、目の手術だとしたらなんといっても安全性が高く安心して任せれられることが重要です。レーシックには賛否両論の意見がありますが安全性についてはどうなのでしょうか。

 

レーシックの安全性は?

レーシックの安全性に関しては日本よりも以前からレーシックを行っているアメリカで保証しています。日本ではレーシックの手術は年間35万件としていますがアメリカでは年間100万件にもなり、その安全性が認められています。2000年1月に日本の厚生労働省でもレーシックの安全性について認め、レーシックのエキシマレーザーに関する治療を推進するようになりました。

 

アメリカでは10年後の術後まで調査し、過剰な視力低下や視力喪失などの症例もなく安全に治療ができるものであること、長期的にみてもレーシックは優れた治療法であると発表しています。

 

またレーシックに使用するエキシマレーザーについても常に改良をかさね、最先端の技術であるものを使用していることにあります。エキシマレーザーとは1995年にアメリカの食品医薬品局、日本の厚生労働省に認可されました。ハロゲンなどの混合ガスを使用して波長の短いレーザーを発生させるものです。痛みなどもなく角膜を性格に削ることもでき、熱に弱い角膜に適した手術方法でもあります。

 

このようなエキシマレーザーの進化により医師の技術なども関係なく安全にレーシックの治療ができるものに変わりつつあります。レーシックの安全性は日本だけでなくアメリカを含めた海外でも認められているものであり、安心して手術を受けることができるものなのです。

 

レーシックの失敗はほぼありえない

レーシックの手術で多くの人が心配するのは手術が失敗した場合の失明に関することではないでしょうか。確かに失明してしまった時のことを考えると不安に思う気持ちもわかります。ただし日本よりも早い段階からレーシックをはじめたアメリカでも、日本でもレーシックによる失明の事例はなく、その可能性は「ほぼ0」だとしているのです。その理由にはレーシックの手術をする時に角膜は触りますが、見ることに関する場所は一切触ることがないのでレーシックをしたことで目が見えなくなってしまう可能性は考えられないのです。

 

しかも角膜上皮は回復力に優れていること、人体のなかでも硬いものに分類するので施術をしたとしても安全であると言われています。

 

レーシックの副作用や合併症

レーシックで失明はありませんが、副作用や合併症などのリスクは残ります。レーシックのあとにすぐに良くなるものもあれば、なかには長期間続くものもあります。主に視界のピントが合わない、ドライアイなどがこの例になります。万が一このような症状が起きた場合は、しばらく様子を見た上で病院を受診するようにしてくださいね。

 

レーシックはあくまでも手術です。どれだけ安全性が高いものであってもリスクがまったくないといえるものではありません。人体のどこの手術を受けたって同じことはいえますよね。麻酔による副作用やしびれ、熱、倦怠感なども手術を受けたあとによくおこるものです。レーシックもそのうちの一つであり、安全性は高い治療だと考えられますが、それなりに危険性は伴うものであることは認識しておく必要があります。

 

万が一の時にしっかりと対応してくれるのか、保証はあるのかなどをしっかりと確認することが重要です。病院をきちんと選ぶことで安全性を高めることにも繋がるのではないでしょうか。さまざまな症例の実績があるところを選ぶと安心できます。

 

まとめ

レーシック手術自体は安全性が高いと言われていますが、日本では角膜感染などの被害が多々発生し、連日報道されたことから「レーシックは怖い」というイメージが定着したのが、レーシックが減少している原因です。これは手術を受けた眼科が衛生管理を怠ったことが原因なのですが、私たちは受ける眼科の衛生管理を知ることはできません。

 

最近では歯科医の手袋や歯を削るドリルを使いまわすなど、衛生管理に関してのニュースも度々報道されています。そのため、レーシックが安全性が高くても、眼科が衛生管理を怠っていると感染症などになる可能性があります。また、先ほども紹介しましたが、カラダにメスを入れる、つまり手術することは必ずリスクが付きまとうので、100%安全であることは絶対にありません。そのことを認識しておく必要があります。