近視や乱視の治療方法「レーシック」

レーシックは今や「近視」や「遠視」「乱視」の治療法として当たり前のものになりつつあります。長年悩んでいる視力の悩みがレーシックを受けることで驚くほど改善するとなればこれ以上に嬉しいことはありませんよね。特に視力が極端に悪い人にとっては嬉しい話です。そんなレーシックを受ける場合、一番適した年齢などはあるのでしょうか。

 

レーシックに年齢は関係ある?

レーシックにはそもそも受けられる年齢に制限があります。とはいえ個人によって目の成長には個人差がありますのであくまでも目安の年齢になりますが、20歳以上〜50歳ぐらいまでだといわれています。上限に関しては60歳でもレーシックを受けている人もいるので、ある一定の条件を満たしていれば手術が受けられないわけではありません

 

なぜ20歳以上としているのかについては、眼球自体がまだまだ成長段階である20歳未満のレーシックをしてしまうと手術をしても思うような結果がでないことも理由の一つです。人によっては20歳を過ぎても眼球の成長が止まらない場合もありますし、レーシックができるのかどうかに関しては医師の判断によるものだといいます。

 

またレーシックの手術をすることで老眼の進行を早めてしまうこともあるので、あまりに早い年齢でレーシックの手術をしてしまうと30代で老眼になってしまうこと可能性もあるのです。なかには18歳からレーシックを受けることが出来る場合もありますが、その場合は手術になるので親の同意書や、親が手術の日に同伴できることなどの条件があります。その条件は必須です。

 

上限の年齢に関する条件とは「老眼」や「白内障」などがどのぐらいの進行度なのかによって違います。そもそも老眼の場合はレーシックを受けることはできません。それは老眼の仕組みに秘密があり、老眼というのは角膜の変化ではなく水晶体が老化することをいいます。そのためレーシックで角膜を治療したところで視力の回復などは期待できない場合が多いのです。

 

白内障も水晶体の病気のためレーシックの治療はむいていません。このような症状に該当がなければいくつになってもレーシックを受けることはできるのです。自分の目の状態は自己判断できないので医師の診察を受けるのをおすすめします。

 

年齢に関わらずレーシックが適用外となる場合

年齢などの制限に関わらずレーシックを受けることができない人もいます。
例えば角膜の厚みが極端に薄い場合や、近視・遠視・乱視の度合いが強すぎる場合などは年齢などに関わらずレーシックを受けられない人もいます。

 

他にも持病などを持っているとレーシックの治療は受けられません。重度の緑内障・角膜潰瘍などの目の病気で治療をしている人や妊娠中や授乳中の人、糖尿病などの治療を受けている人、鬱病などの精神的な疾患にかかっている人などレーシックの治療を受けたいと思っても断られてしまうケースがあります。

 

またレーシックの説明時に医師との意思疎通ができないと難しいと判断されてしまうケースもあります。自分がかかっている担当の医師に一度相談してみるといいかもしれません。これに該当しない人でも適応検査で引っかかってしまうとレーシックを受けることができなくなる場合もあります。

 

レーシックを受けたいと思ってもすべての人に手術ができるわけではありません。まず自分は手術が受けられるのかどうかを調べた上で検討してみてもいいのではないでしょうか。その上でレーシックに適切な年齢なのかどうか、年齢がもしギリギリの場合はどのようなデメリットがあるのかなどをしっかりと検討してみるとレーシックの不安なども解消した上で治療を受けられるのではないでしょうか。